<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鹿児島のラーメンを撮り溜めていたので一気にご紹介

「丸銀ラーメン 天文館店」
天文館のシメのレパートリーが増えました
b0185932_13112954.jpg


「元斗好軒」
市役所近くに用事があると必ず足が向かいます
そしていつも大盛りを頼んでしまいます
b0185932_1311439.jpg


「Noodle Shop KUU」
事務所近くに出来ました。カフェのような店内でとても綺麗です
伊集院にあった「麺屋そら」が移転したようです
b0185932_13121429.jpg


「麺食堂Tara」
お昼時はいつも行列ですが、平日の1時半頃に行くとすんなり入れました
忙しい中でもご夫婦が丁寧に接客してくださいます
b0185932_13123266.jpg


「満生苑 与次郎店」
鹿児島で担々麺と言えばココ!
中辛を汗ダクで頂きました
b0185932_1312452.jpg


「薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店」

薩摩のパワーアップ版、期間限定の「さつまのジョー」
b0185932_1313246.jpg


こちらも期間限定「白醤油」
月並みですがスッキリとコクがあります、鹿児島では珍しいナルト入り
b0185932_13131467.jpg


一番のお気に入り「博多」
博多のチャーシューは豚バラからモモ肉になりましたが
オーダーの際に、店員さんに言えば変更できるという嬉しい情報です

b0185932_13133377.jpg


いまアメリカのマイアミに仮テナントを出して大変好評のようです
いつか現地に伺い、アメリカ限定麺を食べたいです

ーーーーーーーーーー・ーーーーーーーーーー

鹿児島の司会・イベント企画運営・ビデオ撮影
ビジネスマナー研修・ビジネスコミュニケーション研修
接遇マナー研修・電話応対研修・アナウンス研修など

ご依頼、ご相談はこちらまで

有限会社 カルチャー・コネクション
電話 099−258−4777
MAIL   c-c-@cul.jp
[PR]
霧島製茶の海外輸出をお手伝いすることになったのが約3年前
http://kirishimacha.web.fc2.com/

b0185932_16301745.jpg


林専務と2人で右も左も全く分からないまま、パソコンで「鹿児島 輸出」と検索し

「ジェトロ鹿児島」に勇気を出して電話をしたところ、とても親身になって頂き

運良く1年目で海外バイヤーと繋がり、毎年着実に霧島茶の輸出量も増え

現在、ドイツ・フランス・イギリス・アメリカと取引を行っています

ジェトロ活用事例として、本にも載せて頂きました
https://www.jetro.go.jp/case_study/2015/kirishimacha.html


カルチャーコネクションは、パンフレット作製や翻訳、看板作製などをサポートし、

一定の成果が出たため、最近は関わりが少なくなっていたのですが

霧島製茶の林専務が、2016年7月4日(月)にサンロイヤルホテルにて

ジェトロのサービス活用事例としてプレゼンテーションを行うことになりました


これまでたくさんのセミナーを受講しましたが、教わる側から教える側に

林専務が根気よく海外輸出を進めた結果が、1つ形になりました

「専門家を活用したEU、米国への日本茶輸出事例」
霧島製茶株式会社 専務 林修太郎氏 
https://www.jetro.go.jp/events/kag/ba9e89adf192f452.html

お茶に限らず海外展開を目指す、鹿児島県内の企業向けセミナーです

定員40名で参加費無料です、上記アドレスよりご応募ください

ーーーーーーーーーー・ーーーーーーーーーー

鹿児島の司会・イベント企画運営・ビデオ撮影
ビジネスマナー研修・ビジネスコミュニケーション研修
接遇マナー研修・電話応対研修・アナウンス研修など

ご依頼、ご相談はこちらまで

有限会社 カルチャー・コネクション
電話 099−258−4777
MAIL   c-c-@cul.jp
[PR]
by cultureconnection | 2016-06-20 09:55 | 海外輸出
友人の親御さんが開いたカレー屋にやっと行けました

谷山中央、鹿児島情報高校の裏手

ご主人が甑島出身なので「カレーこしき」

今日は「からあげカレー」をオーダーしましたが

甘めでトロトロのルー、後味スパイシー、カリカリの大きな唐揚げ

全てが私好みでした

b0185932_15265798.jpg


出すのに少し時間がかかると仰っていましたが、丁寧に作られているからでしょう

次は隣席の方が召し上がっていた、ウィンナーカレーが食べたい

b0185932_15174853.jpg


「ラーメン専門 夢一屋」とともに、谷山方面に行く楽しみが増えました

しばらくはお昼のみの営業とのこと、1日限定50食なのでお早めに

スパイシーハウス「カレーこしき」
鹿児島市谷山中央2丁目4151-7
099−267−5011
http://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=KN4616031100000415

駐車場たっぷりありましたよ

b0185932_15181080.jpg


ーーーーーーーーーー・ーーーーーーーーーー

鹿児島の司会・イベント企画運営・ビデオ撮影
ビジネスマナー研修・ビジネスコミュニケーション研修
接遇マナー研修・電話応対研修・アナウンス研修など

ご依頼、ご相談はこちらまで

有限会社 カルチャー・コネクション
電話 099−258−4777
MAIL   c-c-@cul.jp
[PR]
ユーザ協会 鹿児島支部からのご依頼で、山野真理と森比佐代が講師を任されています、
「ICT時代に役立つビジネスマナー実践研修」が今年も開催されました。
http://www.pi.jtua.or.jp/kagoshima/event/#manners_test

名刺の受け渡しや挨拶の仕方など、基本となるビジネスマナーから
電話応対、Twitter等SNSに潜むリスク、HP問合せに対するマナーなどについて
離島を含め11会場で、114事業所327名の皆様にご参加頂きました。

鹿児島市会場ではテレビ取材も入り、夕方のニュース番組で取り上げて頂きました。
写真は南さつま市の商工会議所の模様です。

来年も開催予定ですので、ぜひご参加ください。

b0185932_1516953.jpg


b0185932_1516204.jpg


ーーーーーーーーーー・ーーーーーーーーーー

鹿児島の司会・イベント企画運営・ビデオ撮影
ビジネスマナー研修・ビジネスコミュニケーション研修
接遇マナー研修・電話応対研修・アナウンス研修など

ご依頼、ご相談はこちらまで

有限会社 カルチャー・コネクション
電話 099−258−4777
MAIL   c-c-@cul.jp
[PR]
by cultureconnection | 2016-06-13 15:04 | 研修・講演
お知らせがあります。

鹿児島県水域環境美化推進協議会(水のえがおの会)は平成5年に発足し、
水域を守り、育み、未来へ伝えていこうという趣旨で結成されました。

「水のえがおの会」では毎年、海の日から8月31日までをキャンペーン期間として、
平成5年から23年間、水域環境美化を推進するための啓発活動をくりひろげてきました。
とくにキャンペーン対象として、未来を担う子供たちを位置づけています。
そのため、水に親しむ付帯事業として平成6年から「水のえがおバスツアー」を行い、
毎年、鹿児島県内の水に関する場所を巡りました。

8月初旬に開催される大型バス2台のバスツアーには、30家族100人以上の方々が参加。
 平成6年から平成27年までのバスツアーで、計2000人以上の参加を頂きました。


5月末に総会がありまして、鹿児島県内の水域環境美化の意識も高まり、
会の一定の役割は達せられたということで、協議会の解散が決定しました。

これにより、今年の「水のえがおバスツアー」は開催されません。


毎年、海の日に南日本新聞社に掲載されますバスツアーの広告や
KKB鹿児島放送のCMを楽しみにされている方も多かったようです。
昨年も300名近くのご応募を頂き、リピーターの方も何組もいらっしゃいました。

昨年度は「20年前に娘と参加しましたが、今年は孫を連れて来ました」と
三世代に渡り参加してくださった方も。とても嬉しいお話しでした。
これだけ長い期間続いたイベントも珍しいと思います。

これからも水域環境を良くするため、水を大事に、海や川や森を守る意識を忘れずに。

最後に、これまでバスツアーに協力して頂いた県内各地の方々、参加者の皆さん
広報活動に協力し、主催に入って頂いた「南日本新聞社」「KKB鹿児島放送」
植樹や森林散策に協力頂いた「かごしまみどりの基金」
そして、23年という長い年月に渡り、カルチャー・コネクションに企画を任せて頂いた
「鹿児島県漁業協同組合連合会」の皆様に感謝の言葉を贈ります。

本当にありがとうございました。

b0185932_15491828.jpg


b0185932_15493293.jpg


b0185932_15494971.jpg


ーーーーーーーーーー・ーーーーーーーーーー

鹿児島の司会・イベント企画運営・ビデオ撮影
ビジネスマナー研修・ビジネスコミュニケーション研修
接遇マナー研修・電話応対研修・アナウンス研修など

ご依頼、ご相談はこちらまで

有限会社 カルチャー・コネクション
電話 099−258−4777
MAIL   c-c-@cul.jp
[PR]
by cultureconnection | 2016-06-08 09:07 | イベント